失敗しない!初心者さんの眉メイクレッスン

美キャリアラボ美眉レッスン

失敗しない!初心者さんの眉メイクレッスン


今回で2回目のメイクレッスンにいらっしゃいました横浜在住のTさま。
前回の宿題は、眉をボーボーに生やす、でした。
なぜなら眉カットを頑張りすぎて、細眉、昭和のイメージだったのです。。。

一度しっかりとボーボーに生やしたうえでキレイにカットする方法を覚えましょ。
いつでも上手にお手入れできる方法をマスターできます。

Tさま、お約束通りしっかり伸ばしてくださっていました!わーい感動です!
しっかり伸ばし、上手に描き、余分な毛をカットする、この流れがおすすめです。
それでは美眉のコツをご紹介しましょう。


①上手な眉を描く練習をする



上手に眉カットするにはキレイに眉を描くのが大事。それが難しいので正しい眉の描き方を紙でレッスンします。そう、眉は体で覚えるのだ!!これができれば眉メイクが劇的に上達しますよ!

紙に眉の練習をしているお客さまの画像

定規を使って次のように線を描いています。
①眉頭の下から水平のライン。
眉尻はこの線より下げないよう描きます。
※下がると暗い印象になってしまう
眉の描き方を解説をしている画像

②次に小鼻から目じりを結びます。
これで眉尻の長さが決まります。

理想の眉の長さを解説している画像
そして手本を見ながら紙で練習します。

次に実際に自分の顔に眉を描きます。

Tさまの場合は理想の眉の場所と、眉毛が生えている場所が離れているため、描いてみると下の写真のように眉尻は二重の線になってしまいます。今回は正しいラインに近づくよう眉尻をざっくりカットすることになりました。
※メイクをしないことが多い方なら、無理に眉カットしないほうがよいでしょう。

眉を描いている画像


②コンシーラーでつぶしてシュミレーション


カットした場合どうなるかのシュミレーションをしました。
コンシーラーでいらない眉毛部分を潰し、眉カット後のイメージを見ていただきます。
Tさまの下がり気味な眉がシュっとしてかなり印象が変わるのがよくわかりますね。

眉毛をコンシーラーで潰している画像


③眉尻を中心に眉カット


弊社では美容法により眉カットサービスはしていません。
ですのでTさまも塗ったコンシーラーをふき取り、続きはご自宅になります。

ここからはどのようにカットするかをご紹介します。
眉カット専用のはさみは、刃先がカーブしています。

眉カットばさみの画像
このカーブを眉下のカーブに合わせます。下の写真のようにしてくださいね。
眉尻の一番下のラインにはさみのカーブを合わせて、一度にパッツンと切りましょう。

眉を切る場所を解説している画像
ちょこちょこ切っているとガタガタ曲がったのラインになるので注意してください。
ザクっと行くのがコツです。眉から離れているムダ毛は毛抜きやカミソリを使って処理します。
カミソリで眉ぎりぎりまで剃ると、不自然になってしまうので注意しましょう!
適当に剃るぐらいがちょうどいいです。

また、眉頭側はよっぽど長い毛があればカットしても良いのですが、あまり触らないことをおすすめします。眉頭が細いと不自然になってしまうのです。
眉メイクが上手に描けた日はぜひ眉カットをしてみてくださいね!
眉はお顔の印象を決める大切なパーツ。きちんと覚えてステキな毎日を過ごしてくださいね💖

その他の美眉記事を見る!

リフトアップが叶う!美眉レッスン

キレイな眉を描く方法(しかも若見え!)

気づいたらマロ眉!を防ぐ方法

40代のおブス眉NGポイントと美眉の描き方ビフォーアフター

 

眉メイクを極めたい方は美キャリアラボの眉メイクレッスンをどうぞ!

>>>眉メイクレッスンを見る

あなたのカワイイを、あなた以上に。
40 歳からのメイクチェック
美キャリアラボ

 

 

関連記事

  1. 株式会社美キャリアラボ

    眉カットご希望の方へ

  2. 40代からのメイクレッスン|10年前と同じメイクをしていませんか?

    おブスになっちゃう眉カット方法2

  3. 美キャリアラボ美眉レッスン

    キレイな眉を描く方法(しかも若見え!)

  4. 昔、眉を抜いて生えてこない方の太眉メイク方法

  5. 気づいたらマロ眉!を防ぐ眉メイク法

  6. 30秒でわかる!40歳からのメイク「マロ眉」