パーソナルカラーの落とし穴

いつもは40代のお客様がほとんどの美キャリアラボメイクレッスンですが、今回はな、な、なんと20歳!!
横浜在住の大学生、Rさんが基本のメイクを知りたい!とお越しくださいました。お肌はぷりぷり、ハリがあって美しい!すっかりお母さんのような気持ちで接してしまいました(^^♪
学生さんには、似合う色も似合わない色も気にせずトライしてもらいたいのですが、やっぱり知っておきたいですよね、ということでパーソナルカラーに合わせたメイクをご紹介しました。
普段はあまりメイクされないそうです。
すっぴんでも十分キレイですから、すっぴん風メイク、時にはしっかりメイクなど楽しんでほしいです!


色の見え方


そもそも、なぜ似合う色があったり似合わない色があるのでしょう?
下の図は、背景の色によってグレーの見え方が全然違うように見えますよね!
中央のグレーは全く同じ色なのです!
左側、背景が白い時のグレーは元の色よりも暗く見え、右側の背景が黒い場合、グレーは本来よりも明るく見えます。
明るさの違いがわかる明度対比の画像

次は中央のオレンジを見てみましょう。この中央の色、左右は同じですが違って見えますね。
左側、背景が赤の時のオレンジは黄色っぽく見え、右側の背景が黄色ではオレンジが赤みがかって見えます。

色味によって違いがわかる色相対比の画像

このように、周囲の色によって色の見え方が変わります。
お肌の色に似合ったり似合わないように感じるのは、このような色の対比が起きるからです。


お肌が黄み寄りに似合うカラー


お肌が黄みを帯びているな、と感じる方は、温かみを感じるオレンジ系やコーラルピンクがとってもお似合いです!

黄みを帯びた肌色の人に似合う口紅色の画像


ピンク系の肌色さんが似合うのはこちらのカラー


黄みが少なくいわゆるピンク系ね、という肌色の方はクールなローズピンク系のカラーがお似合いです。
ピンク系の肌色の人に似合う口紅色の画像


パーソナルカラーに当てはめすぎないで!


パーソナルカラー診断をされたことがあるお客様は、ご自身の似合うカラーグループをよくご存知です。メイクも服も似合うカラーグループで揃えるのは良い気がしますが、いつも同じ印象になっているのでは?少しもったいないとも感じます。
私のパーソナルカラー診断は、お肌の色味が黄みよりか、そうではないかで大まかに判断します。このざっくり感がポイントです。
多少似合わないカラーグループでも、着たい!つけたい!と思ったらトライしちゃえばいいのです!
Rさんは学生さんなので口紅というよりもリップグロスなどをよく使われます。グロスやシアーな口紅の場合は色の出方が柔らかいので、パーソナルカラーをあまり気にしないで!好きなカラーでメイクしましょ!


チークカラーは要注意!


不思議なものでパーソナルカラーに合わせてチークを選ぶと肌色がトーンダウンすることがあります。
お肌が黄み寄りの方がパーソナルカラー通りにオレンジチークをつけると、日焼けしたようなくすみ肌になってしまうのです。
チークカラーは実際につけて選びましょう。わかりにくいときは、お店で左右に違う色をつけて、自然光でチェックすると雰囲気がわかると思います!自分でわからなければどちらが肌色がきれいに見える方をお友達や家族に聞いてみてくださいね!

あなたのカワイイを、あなた以上に。
 40歳からのメイクチェック♪
美キャリアラボは横浜/センター南駅から徒歩3分にあります。
似合うメイクを見つけてみませんか?
ぜひお気軽にお越しくださいね(^^♪

>>>お客さまのご感想をもっと見る

関連記事

  1. seminar講師

    絶対やるべき講師業の登壇メイク-プチプラ編