化粧水は手で付ける?それともコットン??

美容コンサルティング|商品開発コンサルティング

お肌にとって大切な潤い補給は「化粧水から!」ですね。
化粧水はお肌を柔軟にしてキメを整え、透明感を与える効果があります。ぷるぷるに潤ったお肌は、次につける美容液や乳液の浸透がとてもよくなります。
せっかくなら化粧水の効果がしっかりと出るつけ方をしたいですね。
お客さまから「コットンは使った方がいい?手で大丈夫?どっちが正解ですか?」というご質問をよく受けます。
さて、どちらが正しいのでしょう??


化粧品メーカーは「コットン推奨」が多数


化粧品メーカーでは化粧水をつけるとき(乳液も)一般的にコットン使用をおすすめしています。
そりゃそうよね、販売してますからね!
一方で皮膚科の先生方は摩擦が起きると肌の色素沈着を起こすなどトラブルにつながるのでNG、というご意見が多いように感じます。


コットンを使うメリットとデメリット


メリット
・毛穴の汚れや古い角質が落ちやすい
・目の際、小鼻など細かいところにむらなくつけることができる
・化粧水がムラなく付けられる
・ローションパックのお手入れができる
・機能性コットンを使うと、手では落とせないような古い角質まで落ちて美肌につながる
デメリット
・強く拭き取ると乾燥の原因になったり、肝斑(色素沈着)など肌トラブルにつながる
※ご自身で強くふき取っている自覚が無い方がほとんどです。


手でつけるメリットとデメリット


メリット
・刺激が無くお肌に優しくつけられる
・化粧水を節約することができる

デメリット
・お肌の隅々まで行き届かないことがある


結論


気を付けて使えばコットンでも大丈夫です。
※収れん化粧水はコットンを使いましょう。
コットン派、手で塗る派、それぞれの注意点をまとめました


コットンで化粧水をつける方法


1、コットンに化粧水をたっぷり含ませます。裏面も500円玉大の量です
2、お顔の中心から外側に向かって、水分をしっかり届けるように優しくふき取っていきましょう。
まずほほ、額など広い部分からつけて、小鼻、鼻筋、目の周りも優しくふきます。次に裏面を使い、同様に拭き取ります。最後に首筋、デコルテを拭きましょう。
※力を抜いて優しく拭き取ってくださいね。


手で化粧水をつける方法


・手のひらに化粧水をたっぷり出し、両手でなじませてお顔の中心から外側に向かってなじませる←これを二度繰り返します
・もう一度出して、首やデコルテまでつける
・古い角質が原因でざらついたりくすみが気になる方は、たまにコットンで拭くと良いですね

どちらを選んでも、お肌に優しい方法でしたら大丈夫です!
優しく水分補給をおこなってくださいね。

あなたのカワイイを、あなた以上に
40歳からのメイクチェック
美キャリアラボ
横浜市都筑区 センター南駅から徒歩3分

>>>コスメを選ぶのが苦手な方に選ばれています!コスメショッピングツアーを見る!

関連記事

  1. 40代からのメイクレッスン|10年前と同じメイクをしていませんか?

    カンタン!冬の温め美容

  2. 思春期ニキビの治し方

  3. アイメイクの落とし方/美キャリアラボ

    小じわ予防にも!正しいアイメイクの落とし方

  4. 春の肌トラブル多発中!

  5. くすみ撃退!朝でもできるカンタン肌ケア