%e3%81%a1%e3%82%84%e3%81%93%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc

40代からのメイクレッスン【美眉の描き方】

40歳からのメイクレッスンでは眉のお悩みのご相談をたくさんお受けします。
「左右の眉毛が同じように描けない」
「毎日違う形になってしまう」
「そもそも習ったことが無い」
「ぼかすと太くなるし、ぼかさないと不自然」
「気づくと眉尻が消えて、マロ眉になっている」
しまいには「眉メイク本はモデル自体がキレイだから全然参考にならない!腹が立つわー笑」という方も!
メイクの中でも本当に難しいのが眉ですね。でも習得してしまえば一生キレイな眉が描けるようになります。
眉はお顔の額縁です。額縁のグレードによって絵(顔)が引き立つのです。ぜひみなさまに美眉を描いてほしいと願っています!

今回モデルになっていただいたCさまのビフォーの状態です。ちょっと眉メイクが取れてしまいましたが
元々の眉の形はやや下がり眉。とてもよくお見受けする形です。眉毛自体は柔らかく色もナチュラルなブラウン。
もし素眉が黒くて太い方は眉マスカラで明るく仕上げたほうが良いのですが、Cさまは必要ありません。
Cさまの性格はとても明るくフレンドリー。それを眉毛で表現したいと思います。

%e3%81%a1%e3%82%84%e3%81%93%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc

【注意事項】
元の自眉の形にそって描くと、赤ラインのように下降気味に描きがち。ますます下がり気味に見えます。

%e3%81%a1%e3%82%84%e3%81%93%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc2

40代以降はお顔のパーツ全てが優しい印象になってきます。
まぶたのたるみにより目が小さく見えたり、目もとのお疲れが目立ってきたり
法令線、ゴルゴラインによりフェイスラインがふんわりぼやけてきたり。
(これ自体をネガティブに受け取る必要はありません!優しい印象になっていく方がおおいのです)

そこに眉毛を下げて描くと、元気が無い印象に見えてしまうこともあるので注意。
さらに眉毛を長く描くと困ったちゃん顔になってしまいます。さらにさらに「細眉」という条件が加わると、まるで不幸を呼ぶ女、昭和っぽさを演出、と絶対に嬉しくない印象になりますので気をつけましょう。

40代からの眉は「やや短めに」がポイントです。
「太く短く柔らかく!」
下の写真の青いラインに描きましょう。
このエリア、産毛しか生えていない部分なので「え?ここに描くの?」という感じですよね。
さらに幸福を呼ぶのは眉頭。ここは太く!かつ薄く!(間違って濃くしちゃうと迫力満点に…)

tiyako

するとこのように美人眉が完成します!

%e3%81%a1%e3%82%84%e3%81%93%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc

比較写真はこちら。
(ぐおーっ角度が若干違ってるー・・・でも雰囲気は伝わりますでしょうか)
%e5%9b%b31

必要でしたら眉カットをします。
●眉カットをした方が良い方
・眉尻側、下がった部分の眉毛が太くて黒くて目立つ方
・毎日眉のメイクをしている方

●眉カットをしないほうが良い方
・メイクをしない日が多い方
・超不器用な方

●眉カットをやめたほうが良い方
・触るとチクチクするほど短く眉カットが好きな方←不自然な場合が多いです
・アイブロウコームと眉カットばさみ一体型のものを楽しんで使っている方←切り過ぎの方が多いです
・眉頭もチョキチョキしがちな方←眉頭はボーボーに生やしてもOKエリアです

なお、眉を描いてから眉カットしてくださいね。切り過ぎ防止になります。

Cさま、撮影のご協力をいただきありがとうございました!