化粧水は手で付ける?それともコットン??

お客さまによく質問を受けるのがコットン問題です。
使った方が良いのか使わないほうが良いのか悩ましいですね。
化粧品メーカーでは一般的にコットン使用をおすすめしています。
そりゃそうよね、販売してるから。
一方で皮膚科の先生方は摩擦が起きると肌の色素沈着を起こすなどトラブルにつながるのでNG、というご意見が多いような気がします。
私自身は気を付けて使えばコットンもOK派です。

コットンを使うメリット
・毛穴の汚れや古い角質が落ちやすい
・化粧水がムラなく付けられる
・ローションパックができる
・機能性コットン(角質除去)などお手入れを楽しめる

コットンを使うデメリット
・人によっては力が強い(ご自身では認識が無い方がほとんど)
・こすりすぎると色素沈着の可能性がある

「結論。化粧水はコットンでも手でもOK」

ええー、なんといい加減な!と言われそうなので以下に注意点などを記しておきます。

コットン派のみなさまへ。
・肌あたりを優しくするため、化粧水は表面、裏面とも500円玉大の量をたっぷり含ませる
・こすらない、と念じながらつける。

手でぬりぬり派のみなさまへ
・ちゃっと出してちゃちゃっと塗るせっかちさんは全体に行きわたっていないことがあるので二度付けする。心配なら三度付けでもよい。

とにかく優しく優しく付けてあげたらよいと思います。