Blog%e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%81%be

女装メイクを担当しました

先日、ある企業さまのイベント用に「女装メイク」を担当しました。
「誰が男性でしょう?」を当てるクイズ用です。テレビチームのみなさまが弊社オフィスにいらっしゃいまして、本格的な撮影となりました!(ちょっと撮影するだけと思っていたので途端に緊張しました笑)

とっても美しいKさま、メイクは初めての経験♪♪♪
色っぽくて、メイク中ドキドキしちゃいました!!
わかりにくいのですが、ネイビーの服は女性もの。
胸元が開いていてそれはそれはセクスィーでございました。

blog%e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%81%be

さて、今回はメイクにご興味のある男性(ビジュアル系メイクや宴会の余興にも!)にお役だちな情報です。
男性がメイクするときのポイントは3つ。

  1. スキンケアを丁寧に・・・男性の肌はとってもとっても乾燥しています。このままだとファンデが伸びません。どんな良いファンデーションを使っても乾燥しているとその場でピタっと動かなくなってしまいます。メイク前の保湿ケアをしっかりおこないましょう。化粧水、乳液、時間があればローションマスクまでできるとパーフェクト!
  2. ハイライトをきかせる・・・くすみを消すとメイクアップのカラーが映えます。女性と同じですね!ファンデーションの前にコントロール効果のあるベースを。ビジュアル系メイクの方はちょっと人間離れしたイメージを醸し出すために、リキッドファンデーションやコンシーラーを丁寧に塗ります!(ビジュアル系は少々特殊なのでまたいつか詳しく!)
  3. 曲線美を意識する・・・リップライン、チークなど丸みを強調すると女性寄りのメイクになります

Kさまはノーメイク(というか普段のお顔)は目鼻立ちくっきり、とても男性っぽいお顔です。
特に眉毛は太くて上がっていますので、コンシーラーで潰してから描きます。
直接見ると不自然ですが、撮影メイクなら潰してOKです。

dsc_0904

当日はこのように出題されました。

blog1-4

dsc_0978

ドキドキでしたが、みごと騙されてくださったチームがあり、無事にお役を果たせました!
このようなおもしろお仕事のご依頼もお待ちしています(笑)

記念に写真撮影!
こちら和歌山の化粧師、ヒデさん。
「メイクさん風のポーズしよう!」といってこちらになりました笑!
blog1-1