地味、垢抜けない、華が無い、はコレで解消!

40代からのメイクレッスン/横浜の美キャリアラボ

華やか上品メイクを手に入れた方がぞくぞく!



「鏡を見るのが嫌だった私が、夕方でも明るい印象になりました!」

「メイクなんて習ったことが無いから、レッスンについていけるか心配」
そうおっしゃっていた皆さん。たった1回のメイクレッスンで明るく若返った印象の方がぞくぞく!!

40代からのメイクレッスンビフォーアフター/美キャリアラボ
メイクレッスンの美キャリアラボ

なぜ正しいメイクを覚えると若返ったように感じるのでしょう?


「40代からのメイクレッスン」では事前にメイクやお肌のお悩みをヒアリングしています。まずはそのデータをご紹介しましょう。
〇お肌のお悩み〇
1位…シミ(65%)
2位…くすみ(63%)
3位…ハリ不足(62%)

〇メイクのお悩み〇
1位…午後になるとびっくりするぐらい顔が暗い
2位…老けて見える
3位…自己流メイクを続けてきたので今の自分に似合うメイク法がわからない

※メイクレッスンアンケートより(30代後半~60代 102名)
このように大人になると「シミ」「くすみ」といった「暗い印象」に見えるお悩みが激増します。でもそれをどうカバーしたらいいのかわからず、今までのメイク法を続けたり、何が合うのかわからないまま化粧品を買ってしまっている方が多いです。
そして30年超の間メイクレッスンをしてきた経験から、私はみなさんが失敗しやすいポイントがわかっています。第一に、色選びが消極的なのー!!

 

地味メイクは老ける/美キャリアラボ

例えるならば茶色いおかずのお弁当を思い出して!茶色いおかず、個人的には大好きですが、見た目は地味であまり美味しそうじゃない。

横浜のメイクレッスン/美キャリアラボ

そんな時、プチトマトやニンジンなど赤、黄、グリーンなど入れて彩を添えると一気に華やかさが増して美味しそうになりませんか?本当に色のマジックは偉大だなと思いますよね。
私たちのお肌も、シミやくすみ、ほうれい線、色んな暗い影があって茶色いおかずのようなもの(ほんと、例えが悪くてごめんなさい怒らないでー!)。茶色いおかずが華やぐように、ぜひメイクで彩りを添えて、あなたを輝かせてみてくださいね。カンタンなの!!

40代からのメイクレッスン/美キャリアラボ

例えばこちらは最近レッスンにいらっしゃったお客さまのチーク4名様分の写真です(みなさま写真掲載のご協力、ありがとうございます!)。一見ナチュラルで優しい雰囲気、使いやすそうに感じますが、実際には色が淡すぎて明るさが出せません。色によってはくすんで見えるものもあります。チークは上手につけると、くすみ一掃、リフトアップしたようにキュっと上がって見えます。
目の下のクマ、たるみなどが気になる方はチークの色選びが大事ですよ!

40歳からのメイクレッスン/横浜の美キャリアラボ

写真左はお客様のチーク。右の色に変えてレッスンしました。これだけで驚きの華やかさ!!「うわ~~!私って明るくてキレイなんですね♡」を頂きましたよ!!『明るい色を薄く付ける』これ毎日唱和しながらメイクすること!


さらに明るく華やかを目指すならコレやってみて!


地味、垢抜けない、華がないと思っているあなた!まずはこの3つをお試しください!

チークを入れている

その1、血色をプラス


チークは上の写真のように血色のある色を使いましょう!チークを塗る場所が簡単にわかる方法があります。
大きなブラシにチークを取ったら歯がみえるほど大笑いしてください。そうするとほっぺたが盛り上がるでしょ?その部分に付けたらOK。ちょい笑いだとほっぺたがあまり盛り上がらないのでわかりにくいです。大いに笑ってください。オマケ効果として楽しくなってきます!

くすみ、クマが気になるなら練りチークがおすすめ。長時間キープできるので明るさが続きます。練りチークのポイントは、塗った境目を指先でトントンとぼかすこと。塗りっぱなしはメイク下手に見えちゃうから要注意ね!ただし肝斑のようなシミが頬にたくさんある方は、練りチークは使わず、パウダーチークをふわふわっとつけてくださいね!

ファンデの選び方/美キャリアラボ

その2、ファンデの色をきちんと合わせる!


シミを隠したいという意識が強いと、シミが隠れるような暗いファンデ色を選んでしまうことがあります。そうすると全体的に暗いくすんだ印象になったり、首よりも暗いのでバランスが悪いように感じます。メイクもいまいち映えないですね。(くすんだキャンバスより明るいキャンバスに絵を描いた方が映えるのと同じ!)
ファンデーションを選ぶときは、首元の空きが広めの服を着て、フェイスラインに付けてみましょう。そして鏡から少し離れて、塗ったところだけではなく全体をチェックすると、自然な色が選びやすくなります。

 

横浜のメイクレッスン/美キャリアラボ

その3、メイクをしながら時々離れてチェック


メイクをするときは鏡に近づいていると思いますが、途中で何度か全身鏡で確認しましょう。全体を見ることで「あれ?ちょっと濃い?」「塗ってるつもりだったけど、ちょっと地味?」など気づけます。メイクの調整で簡単なのはリップグロス。派手に感じた時はベージュのグロスを足して色を抑えたり、色を足したい時はローズ系や赤系、オレンジ系など明るめグロスを足します。


いかがでしたか?

地味、垢抜けない、華が無いとお悩みの方向けに書きましたがいかがでしたか?
最近のメイクレッスンで、立て続けに同じような状況の方が続いたので記事にしました。
みなさま、綺麗になっちゃってくださいね!
個人レッスンを受けてみたい方は↓こちらをクリックしてみてね↓

40代からのメイクレッスン

関連記事

  1. 必見!くすみ肌を明るく見せるメイク方法