40代、美眉の描き方-ビフォーアフター

眉の描き方-美キャリアラボ平井聡子

メイクの中でもお悩み深いのは「眉」ですね。眉がうまく描けない日は、何度描きなおしてもしっくりこないし、もう前髪で隠しちゃうんです、という方が多いです。
特にメイクはなんとなくしてきた方がほとんど。さらに40代以降はお顔の印象が変わってくるため、しっくりこない感が増してきます。洋服はトレンドに合わせて変えているのにお顔は昭和のまま、、、ではもったいないなあと思います。
これまでたくさんの女性にメイクレッスンをしてきましたが、うまく描こうと思ってやっていることが、逆効果になっていることもあります。今回はメイクレッスンにお越しいただいたお客さま(Mさま)を例に、美眉を描くご紹介をしていきます。


ポイント1.眉は適度に伸ばそう


Mさまは眉のお手入れをきちんとされていて、週1で切っているそうです。少し伸びると気になってしまうとのこと。
短めの眉はスッキリ見える反面、実は難易度が高いです。描いたラインがはっきり見えてしまうので、初心者さんは眉毛を少し伸ばしたほうがベター。触ってチクチクするのは切りすぎなので、指先でチェックしてみましょう。


ポイント2.思ったより薄めに描く


ペンシルタイプで描くと濃くなる場合があります。ペンシルを持つときに指の力を抜きましょう。それだけで柔らかい眉が描けるんですよ!

パウダータイプを使う時は、ブラシに取ったパウダーを一度手の甲かティッシュにトントンと落としてからつけて見て下さい。


自力で描いた眉もきれい


こちらはMさまが自力で描いた眉の写真です。

間宮さん1
こちらでもOK!さらにナチュラルさを演出するならば、、、

①眉頭はカミソリで剃っているそうなので、ちょっとお休みして眉をもりっと伸ばしましょう!→眉間が狭くなり、メリハリのある表情にもなります!
②眉マスカラを上手に塗っていらっしゃいます。塗った後にスクリューブラシでとかすと、余分なマスカラが取れてより自然な眉メイクが完成します!
③眉は力を抜いて描きましょう!Mさまの優しい印象が引き立てられます♡

それではどうしたら美眉になるのか解説しましょう????
眉はお顔の額縁といわれるように、脇役です。
優しくナチュラルに描くことで、メイクの引き立て役となり、素敵な印象になります。


チェック1、眉尻の長さチェック


①小鼻と目尻の延長線上が眉の長さです。きっちりこの長さじゃなくて大丈夫!だいたいこんな感じ、という目安です。

間宮さん書き方


チェック2、眉頭と眉尻は水平にする


②眉頭の下と眉尻の位置はほぼ水平にします。やや上でもOK!写真では、やや上ですね。
下がると顔全体も一緒に下がった印象になるので注意しましょう。

眉頭下側


ビフォーアフター


もともと描かれていた眉よりも全体的に薄く仕上げました。
Mさまは眉マスカラを中心に眉メイクをされていましたが、
今回は全体的にはパウダーアイブロウ、眉尻は固めのアイブロウペンシルを使用。
力を抜いて形よく描きましょう。

こちらのビフォーアフター画像でもわかる通り、afterの眉メイクは、かなり軽めに描いています。
眉メイクビフォーアフター美キャリアラボ
軽めにささっと描いただけなのに、メイクがなじんでいますよね!

一生懸命描かないのもおすすめですよ♡

 

 

40代以上専門の美眉カットでぜひ若見え体験をしてみてみませんか?!
〈懐かし眉をアップデート!美眉カット&メイク〉ご興味のある方は↓クリックしてください↓
LADYGO美眉カット

 

関連記事

  1. 50代メイクビフォアアフター美キャリアラボ

    シミを隠して明るい印象になるメイク術

  2. 美キャリアラボ40代メイクのビフォーアフター

    40代、娘に褒められました!

  3. 40代明るく華やかメイク

  4. 美キャリアラボ30代メイクレッスンのビフォーアフター

    30代、華やか美人さんに大変身!

  5. 30代婚活モテメイクレッスン画像

    30代モテ婚活メイクレッスンビフォーアフター

  6. 50代、ワントーン明るいあか抜けメイク