30代後半のメイクレッスン

30代メイクレッスン美キャリアラボ

美人度が上がりすぎる!美キャリアラボのメイクレッスン♪

【SOSその1 「目のクマがひどくて・・・】
仕事や育児などで忙しくなる30代。睡眠不足やストレスがたまりますね。ふと鏡を見ると、お疲れヴェールに包まれてくすんだ印象。シミ、乾燥、くすみ、くま、毛穴の開きに悩む方も増えてきます。淡い色の洋服がだんだん似合わなくなったり、ナチュラルメイクが素敵に見えなくなったり…。
そんな30代後半の3大SOSにお答えします

目の周りのお疲れ感をクリアにしましょう!パソコンやスマホを見続けることがクマの原因の1つ。画面を凝視することでまばたきの回数が減り、血行不良からまぶたのたるみやクマにつながります。まずは目の周りの筋肉をほぐし、血行を良くするマッサージやツボ押しがおすすめ!写真〇印部分を優しくプッシュしてお疲れを取りましょう。お風呂タイムにできるのでぜひ続けてくださいね!

30代メイクレッスン美キャリアラボ

続いて頭もほぐしましょう!お顔がスッキリ!元気になります。こめかみから3センチほど上の部分に指を置き、奥歯をかみしめると膨らむ部分が側頭筋です。人差し指と中指で、小さな円を描くように100回程度マッサージしましょう。筋肉の緊張感を取り頭がすっきりします!私たちをおブスに導く、眠る前のスマホチェックは禁止ね!

ラッシュアディクト/美キャリアラボ

【SOSその2】まつ毛が上がりませんっ!
下向きまつ毛は元気のない印象に。自然に上げてキープさせましょ!
1、ビューラーでまつ毛の根本を上げます。
2、透明マスカラをつけ、少し乾いたら黒マスカラをつけます。
※透明マスカラをつけると、次につける黒マスカラがとても繊細で美しく仕上がります。でも面倒な方は省いてもOK。
3、マスカラが乾いたらホットビューラーを使います。まつ毛の根本にパネルを当てて押し上げましょう。当てる時間はホットビューラーの使用説明書をご確認くださいね!

30代メイクレッスン美キャリアラボ

【SOSその3】「夕方になると別人ですか?と思うぐらい老けています」
お化粧直しにはファンデーションだけではなく、チークも軽く足しましょう。それだけで血色UP!見た目も気持ちも明るく復活できます!つける場所は笑ったときにふっくら上がるところ。パウダールームの照明によっては濃く付けすぎてしまう失敗もあるので、メイク直し後は必ず自然光でチェックしてくださいね!

 

美人になる過ごし方

忙しくて気づいたら口角が下がったり不機嫌そうな顔になっていること、ありませんか?若い頃の顔は親からもらったものですが、年齢を重ねるごとに内面や思考が表情にあらわれてくる気がします。毎日の過ごし方、積み重ね方がその人の雰囲気を作っていくのでしょう。

以前、新聞記事に掲載されていた脳科学者のコラムにはこのようなことが書かれていました。『私たちは楽しいから笑うと思っていますが、実は笑顔を作るから楽しくなるのです。表情と脳は連動しているので、顔が笑うと脳も笑うように楽しい気持ちになります』。

そして面白い実験が紹介されていました。ペンを横向きにして口にくわえ『イーー』と笑顔の表情でいるグループ、もう一方はペンをストローのように口にくわえた『ウーー』の顔をした笑っていない表情のグループにわけ、その表情のまま同じ漫画を読んでもらいます。そして漫画の面白さを評価してもらったところ、「イーーー」の笑顔グループのほうがもう一方のグループよりも同じ漫画をより面白い!と感じたそうです。その他さまざまな実験が紹介されていましたが、どうやら脳は表情の影響を相当受けるようです。

『笑う門には福来る』は本当!ならば毎日取り入れてしまいましょ!歯磨きをしながら、メイクをしながら、意識的に笑ってみたら楽しい一日のスタートが切れそう。そうすることで、自分だけではなく周囲まで優しく変わっていくはず!
あなたの毎日がより一層ごきげんな空気に包まれますように!

メイクもアップデートが必要!

あなたはご自分のチャームポイント、わかっていますか?
メイク歴30年のわたしの特技は、あなたのカワイイを、あなた以上に見つけること。
似合うメイクがわからない方、メイクが不得意な方、あまり難しいメイクはできないけれど変わりたい!
そんなお客さまがどんどん大変身しています。メイクが変わると毎日が変わります!

メイクの迷子になってしまったとき、メイクをアップデートしたいときは美キャリアラボへお越しください。

あなたのカワイイをたくさん見つけるメイクレッスン

 

 

関連記事

  1. 「優しくなりたい」メイクレッスンのご感想

  2. 50代メイクレッスン美キャリアラボ

    50代のメイクレッスン

  3. 40代のメイクレッスン

  4. seminar講師

    絶対やるべき講師業の登壇メイク-プチプラ編

  5. パーソナルカラーの落とし穴