つらい時の乗り越え方

お客さまの声

メイクレッスンにいらっしゃる方はさまざまな思いでいらっしゃいます。レッスン前のアンケートでは、とっても楽しいウキウキとした気持ちの方、人生の後半戦を前にメイクから変えようと思って♡というように前向きな印象の方が多いです。でもそのような方でもメイクレッスンで打ち解けたあと「実は…」ということが少なくありません。
「実は…介護で疲れ切っていて…」
「実は…子どもが重い病気で…」
「実は…家庭がうまくいっていなくて…」
「実は…長く付き合っていた方と別れてしまって…」
「SNSで子どもの写真をUPしてる友人をうらやましく思う…」
本当に色んな気持ちになりますね。
私もつい涙ぐんでしまうこともあります。そういったお客さまが、お帰りの頃に笑顔で「今日は来てよかった!」と仰っていただけると、こちらこそ元気をいただけます。嬉しい瞬間ですね。

軽々しくアドバイスなどできません。みなさん一生懸命に毎日を過ごされて、そんな中でメイクレッスンにお越しいただける。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は疲れたりしんどい時、どうやってるかなあと振り返ってみました。


疲れた時やっていること


美味しいケーキを食べる
雰囲気の良いカフェで本を読む
ヨガ『屍のポーズ』で昼寝をする
アサリの砂抜きをじーっと見る
キャベツ一玉を千切りにする
セーターの毛玉を取る
SNSやパソコンを見ない
…あらー、びっくりするほど地味(笑)


”人はジャンプをするとき、一度ヒザを曲げ、からだを沈みこませる”


これは野村克也さんの名言。夫が教えてくれました。
しんどい時は未来へのジャンプの時だ!しんどさも謙虚に受け止めよう!と思います。

「しんどい…もーやだー…まあでも大きく伸びる前だな!
「あーーーー…疲れた…このしんどさは大ジャンプが期待できるレベル!
こんな感じで言葉に出すと、ちょっとラクになります。
ネガティブワードで終わらないことが大事。めっちゃ悪いことを言っても最後に無理やりでもポジティブ言葉をくっつけると、まあえっか、という気持ちになれます。これ、平常心を保つおススメの方法です!


2年後も同じことで悩んでいるか?


どうしてもいやな気持ちが続いたり、つらいなあ~、、、が抜けない時は自分に問いかけます。「お前さんは2年後も同じことで悩んでいるかい?」悩んでいるかもしれないけれど、2年後は環境が変わっている可能性大。
自分をごきげんに保って穏やかに過ごしていきたいですね(^^♪

 

関連記事

  1. 40代のメイクレッスン

  2. 美キャリアラボのメイクレッス

    涙と笑顔のメイクレッスン

  3. 30代メイクレッスン美キャリアラボ

    30代のメイクレッスン

  4. 40代からのメイクレッスン/ビフォーアフター

    お客さまからかわいいメッセージ

  5. 「優しくなりたい」メイクレッスンのご感想

  6. パーソナルカラーの落とし穴