パンダ目にならないアイメイク方法

こんにちは!美キャリアラボの平井です。
鏡を見たら、ひょえーっっパンダ目になってるーーー、ということ、ありませんか?
私の目は何を塗っても落ちちゃうから諦めてる、、、ってことないですか?

仕事柄、わたしは様々なメーカーのアイライナーやマスカラを試しますが、気づいたら真っ黒になっていることがあります。鏡を見てめちゃめちゃびっくりしました(T_T)初めて使う商品は慎重に!ですね。
そんな経験から、パンダ目になりにくく、描きやすく、大人女性の目もとを優しく、しかも華やかに輝かせるアイライナーの開発を進めているところです。こちらはまたご紹介いたします!


パンダちゃんにならないアイメイク方法とは?!


落ちにくいアイテムを使うことが一番ですが、ちょっとしたコツで防ぐことができますよ。
ちょこっとご紹介いたしましょう。

①ライトゴールドのアイシャドウをチップにとり、下まぶたの目頭から目尻方向にひと塗りする。
これをやっておくとアイメイクが下に落ちにくくなります。
アイシャドーはライトゴールドがおすすめ。NGカラーは白っぽい白っぽいアイシャドー。目立ちすぎて大人メイクには合いません。

美キャリアラボのアイメイク方法を紹介している画像

②アイライナーをひきます。ペンシルよりもリキッドタイプの方が落ちにくいものが多いように思います。
③アイライナーをひいた線の上にアイシャドー(同じような色)を塗ります。これでピタッと抑えられて落ちにくくなります。
④まつ毛をビューラーで上げて、まつ毛の根本からマスカラを塗りましょう


もしもパンダ目になってしまったら


目もとは皮膚が薄くデリケートなところなのでごしごし取らないようにしましょう。
綿棒の先に乳液やメイクアップベースなどをつけ、優しくなじませてみてください。
パンダ部分がスルリと取れるはず。
あとは、柔らかいタイプのコンシーラーやリキッドファンデでもOK。
取ったあとは指先でトントンとなじませましょう。

アイメイクに失敗した時の直し方の画像

おまけ
わたしが化粧ポーチの中に入れているものです。
ポケットティッシュにコットンと綿棒を入れています。
乳液のミニサンプルやリキッドコンシーラーなども入れておくとメイク直しに使えるので、ぜひ入れておいてくださいね。

メイク直しに使えるアイテムの画像

パンダ目にならないアイメイクで、楽しい毎日を過ごしてくださいね!

うまくいかない場合やもっと似合うアイメイクをしたい方は美キャリアラボのアイメイクレッスンがおすすめ!

あなたのカワイイを、あなた以上に。
40歳からのメイクチェック!
美キャリアラボ