50代、眉山の位置はどこ?を解決!

50代、眉山の位置はどこ?を解決/ビキャリアラボ/平井聡子

眉山の位置がわからなくて困っていませんか?


眉山の位置、どこに作ったらいいのか、どうやって書いたらいいのかわからず困っていらっしゃるあなた!

こちらのページで分かりやすく解説します!

ぜひ眉の迷子さんを卒業してくださいね!

それでは今回のモデル、まゆみさんのビフォーアフターをご覧ください♡

写真中央の◁▷を左右に動かすとビフォーアフター比較ができます!

50代眉山メイクビフォーアフター/美キャリアラボ平井聡子50代眉山メイクビフォーアフター/美キャリアラボ平井聡子

眉山の位置は”黒目の端から目尻まで”に取るのが正解


 

眉山の描き方/美キャリアラボ平井聡子

イラストの赤線の枠内、黒目の端から目尻の間までに眉の山を作ると美眉に仕上がります。
ただし、眉山は何となく上がってる程度でOK。
わたしとしては”眉山”ではなく”眉丘”に名前を変えたいぐらいの気持ちです。”山”っていうほど高く描いたらこわいからね。眉丘程度、ちょこっと上がってるなー、という程度に気楽に描きましょう。

それではあなたの眉山の位置をチェックしてください!
鏡に向かって顔を正面に向けます。ブラシの柄などを当てて黒目~目尻の間に眉の丘ができていますか?
〇眉山の位置が外側にずれると、顔の横幅が広く見えます。
〇眉山の位置が内側にずれると、顔のバランスが悪く見えます。
モデルのまゆみさんはこのままでも十分ステキですが、少しだけ内側に寄っているのがわかります(赤い点)。

眉山の位置はどこ?株式会社美キャリアラボ平井聡子
眉山の位置を正しく取ろう/美キャリアラボ平井聡子

眉山が高く、もりっとしているので剃りたい人へ


眉の筋肉、眉弓筋がもりっとしている人は剃りがちです。でもここを剃ってしまうと悲惨な眉に。
〇逆に筋肉が目立つ
〇表情が動いても眉が動かないので不自然で無表情に見えて損する
〇眉山に視線を集めてしまう
〇下がり眉になるので悲しく消極的な印象になる
〇昭和っぽいメイクに見えることも←絶対いやーっ!

眉山が高くもりっとさんの対処法はまた詳しくご紹介していきたいと思いますが、剃らないほうがよいです。

それでは正しい眉山の位置の描き方をご紹介しますね!
眉ペンシルまたは眉パウダーを用意して一緒にやってみましょう。


1,眉山の位置を決める


 

40代メイクレッスン/眉山の描き方/美キャリアラボ平井聡子

眉山の位置を決めます。きっちりした性格の方は(黒目から目尻の間って、、、いったいどこ?)と迷うでしょう。以下を参考にしてくださいね。
1、目または眉毛を大きく上に上げてみましょう。眉毛の筋肉がもりっと上がるところ、ここがベスト。
2、丸顔さんは黒目近くに、顔が細目の方は目尻近くに作りましょう。
3、それでもしっくりこない方は、黒目と目尻の中間に!
ええええーーっ適当じゃないっすか?と言われたら適当かもね。でもそんな感じでいいんです!


2,眉山の上から描くと失敗しやすい


眉山の位置がわかった。さあ描くぞ!
さて、どこからかきはじめますか?メイクレッスンで拝見していると、素直に眉山の一番高いところ(写真の☆マーク)から描く方が多いです。
でもこれをやると失敗の可能性大!不自然で「書きましたー!」という印象になってしまうのでやめましょう。

眉山から書くと失敗しやすい/美キャリアラボ平井聡子

お魚のイラストで言うと、外側の輪郭から描いちゃダメ

眉山は中央から描く/美キャリアラボ平井聡子

こちらのように背骨、眉の中央から描きましょう!これで失敗を回避できます。

眉は中央から描く/美キャリアラボ平井聡子

お顔でも確認しましょう。眉の中央です!

眉の描き方/美キャリアラボ平井聡子

眉尻の位置は眉頭と水平ライン


こちらも重要ですよ!!鏡で確認してみましょう。

イトル 眉頭と眉尻は水平が良い/美キャリアラボ平井聡子 キャプショ

よくあるNG眉その1.眉尻が下がっていると老けて見えます。

下がり眉は老けて見える/美キャリアラボ平井聡子

よくあるNG眉その2.眉尻が上がりすぎると怒って見える

それでは眉尻を描きましょう。
眉の中心から眉尻まで力を抜いて描きます。骨から”覚えましたね♡

眉尻を描く/美キャリアラボ平井聡子

力を抜いて描きましょう。

少しずつ眉毛の上を描く/美キャリアラボ平井聡子

輪郭部分はより力を抜いて!薄く描きます。力が入りやすい方はパウダータイプのアイブロウがおすすめ。

眉の輪郭は薄く描く/美キャリアラボ平井聡子

次は下側。中央から下に向かって描きます。

中央から下側の眉を描く/美キャリアラボ平井聡子

下側の輪郭を描きましょう。

眉尻の下側のラインを描く/美キャリアラボ平井聡子

ノーズシャドーでより美眉を目指そう


眉尻を仕上たら、次はノーズシャドー。ええっ??眉頭のほうは??と思いますよね。
実は眉頭は薄く仕上げてほしいエリアなんです。パウダーやペンシルで、これでもかというぐらい力を抜いて描きましょう。

大事なのはノーズシャドー。骨格がきれいに見えるし、左右の眉が揃って見えるので使わないのは損ですよ!

薄い眉パウダーを使ってササっと入れましょう。


1、眉頭から1.5㎝入ったところからつける


 

ノーズシャドーの入れ方/美キャリアラボ平井聡子

2、眉と目の中間に向かって付ける


 

ノーズシャドーは眉と目の中間につける/美キャリアラボ平井聡子

鼻筋の溝につけていきます。長く濃くつけるとビジュアル系になるので注意が必要である。

ノーズは濃くつけるとビジュアル系に/美キャリアラボ平井聡子

眉毛の中からシュッと入れる


眉の中に指を置きノーズシャドーを入れる/美キャリアラボ平井聡子

眉毛の中に指を置き、ゴールに向かってシュッと入れましょう。メイクレッスンではこの効果に「おおっ!」とどよめきが起きるところ!
ですが!!くれぐれも付けすぎは注意ですよ!

ここまでの流れを動画にしました。ぜひご覧ください!

横顔もステキです。立体感がすごいでしょ♡

眉毛ビフォーアフター/美キャリアラボ平井聡子

写真中央の◁▷を左右に動かしてみてくださいね!

50代眉山メイクビフォーアフター/美キャリアラボ平井聡子

かわゆいな~かわゆいな~🎵


まとめ 眉山の位置は黒目から目尻の間に取ろう

・眉山の位置によって印象が変わるので基本形の位置に眉山を取りましょう
・眉山は背骨から描くとナチュラルで美しく仕上がる
・眉頭側は薄く仕上げる
・ノーズシャドーを入れると立体感が出る

まゆみさん、モデルになっていただきありがとうございました!

あなたにぴったりのメイクレッスンやってまーす!
横浜/センター南駅から徒歩3分。来てね♡

メイクレッスンの案内ページを見る

 

関連記事

  1. 美キャリアラボ

    美眉を目指すレッスン!ビフォーアフター

  2. 初心者必見!薄い眉の描き方/美キャリアラボ

    初心者さん必見!薄い眉を上手に描く方法

  3. 脱おブス眉/美キャリアラボの美眉の描き方

    脱!おブス眉さんのページ

  4. ラッシュアディクト/美キャリアラボ

    チップ型眉パウダーで上手に眉を描く方法

  5. 美キャリアラボ美眉レッスン

    キレイな眉を描く方法(しかも若見え!)

  6. 横浜のメイクレッスン美キャリアラボ

    眉尻描いただけで安心してはいけない