50代のメイクレッスン

50代メイクレッスン美キャリアラボ

もっと若々しくなる!簡単50代のメイクレッスン

50代メイクレッスン美キャリアラボ

40代後半から50代のお客さまは、「坂を転がり落ちるように顔や体形が変わってきた」と仰います。私ももれなく実感中!みなさまはいかがですか?
具体的に顔の変化をあげるなら、シミ、ハリ不足、くすみ、毛穴が斜め下に開くなど。
今までよりもちょっと丁寧に、そして手抜きできるところは抜いちゃいましょう!ファンデーションを塗るとき、意外と人から見て目立つ部分は目尻、小鼻の脇、そして口角です。ヨレたり塗りムラができやすいエリアなので丁寧に塗りましょうね!

拡大鏡があると便利です!
多くの人が老眼に悩まされるお年頃。まずは今のお顔を拡大鏡で確認してください!毛穴詰まりや毛穴の開き、顔やひげのムダ毛、ありませんか?老眼だとこういった細かいところが見えないのでしょうがないのですが、NGが重なることでどんどんステキに見えなくなるから要注意ね!アイメイクなど細かいところも拡大鏡でチェック!塗りムラ、つけすぎに気づくことも。スタンド式の両面鏡は50代の必須アイテムですよーーー!

 

50代キュっと上がったメイク

下がると老け見え
50代になると目尻、口元、フェイスラインの全てが下がってきます。眉の形が下がり気味だと、全体的に老け見え印象に。
眉頭と眉尻の位置は地面と水平(つまり同じ高さ)が理想的です。眉頭の高さを目印にしてくださいね!眉尻側が下がっていたら一気に老け見え。逆に上がっていると怖い人に。鏡を見て確認しましょう。アイラインやアイシャドーを塗るときも目尻側が下がった印象にならないよう気を付けてくださいね!難しい方は、ビューラーでまつ毛を上げてマスカラをつけるだけでも目尻がキュっと上がって見えますよ!

50代メイクレッスン美キャリアラボ

唇のボリュームちょい足し
顔のそこらじゅうのパーツがボリュームダウン。でもちょい足しで簡単に変われるのが唇です。気づきにくいのですが、唇は年齢とともにだんだん薄くなってしまう方が多く、顔の下半分が貧弱に寂しく見えます。写真のように、口角から山にかけての部分と、下唇の中央を0.5㎜ほど足しましょう。足しすぎると不自然になるので気を付けて!
色ははっきりした色よりも唇の色に近いナチュラルカラーがおすすめです。
例えば下の写真のような色。大人向けに私が開発したエブリレディリップ(な、な、なんと1,980円)です!と軽く宣伝(笑)いえいえ、こちらじゃなくても大丈夫ですよ!こういった馴染みやすいカラーが絶対におすすめ!
50代に似合うリップ!美キャリアラボ

透明感、清潔感をちょい足し
真っ白だったシャツがいつの間にか黄ばんでしまうように、わたしたちのお肌も年齢とともに黄ぐすみが進みます。原因は紫外線や乾燥。毎日の「ちょっと洗濯干し」「自転車で買い物」などのうっかり日焼けは防ぎましょ!
化粧水や乳液、そして日焼け止めまでが朝のスキンケアですよ!日焼け止め塗っていない人はお尻ぺんぺん。自らおブス街道まっしぐら。日常だったらSPF20、PA++程度OK!首もきちんと塗ってくださいね。首が焼けて顔が白浮き!を心配する必要がありません。
これまで似合っていたメイクがあら?ちょっと雰囲気と合っていない?と感じたら透明感や清潔感をちょい足ししてくださいね!
例えば、スキンケアをつけたら両手でほほを包み丁寧になじませます→スキンケアがしっかり馴染むとメイクがつるつるつるーんとノリます。
ファンデーションを付ける時は、まず内から外側に伸ばします。次に外から内側(最初と逆方向)に伸ばします。そうするとほほの毛穴カバーがきちんとできるのです。特に毛穴が開きやすいあなた!それだけで美肌若見え効果が高まります!

 

いかがでしたか?
50代の若見えメイク、ご参考になれば嬉しいです!

50代の大人気メイクレッスン!

40代の方はコチラをご覧ください↓↓↓

関連記事

  1. パーソナルカラーの落とし穴

  2. 「優しくなりたい」メイクレッスンのご感想

  3. 30代メイクレッスン美キャリアラボ

    30代後半のメイクレッスン

  4. 40代のメイクレッスン

  5. seminar講師

    絶対やるべき講師業の登壇メイク-プチプラ編